2012年10月30日

七五三で着物を着る

七五三といえば、11月15日に行われる子供のための行事で、無事に成長できた事に感謝をし、厄を払うためのものです。
男の子は5歳、女の子は3歳と7歳の時にお祝いをします。
ただ、兄弟姉妹がいて、それぞれにお祝いをすることが難しい場合、年齢には拘らず、ともに済ませてしまう事もあるとされています。
洋装で参加する人もいますが、着物を着るチャンスなので、着物を着せて参加してみてはどうでしょうかね。
ここ数年は、衣装を買うのではなく、レンタルで済ませる人が大半です。
お化粧もしてくれるレンタル店が増えているので、お任せするのもいいでしょう。
小さな子供用といっても、凄く綺麗で繊細な柄のものばかりです。
親の意見だけでなく、その着物を着る子いっしょにも着たいものはどれか確認して、いっしょに選んでみましょう。
また、子供の衣装のみに拘り、伴にお祝いをする親は一般的な格好をされている場合も少なくないです。
せっかくなので、親もいっしょに着物を着てみるといいのだと考えています。
七五三の衣装を取り扱っているお店では、子供だけでなく、親の衣装もセットでレンタルしているところがあるです。
写真やビデオ撮影、食事にばかり拘り、お参りを短時間で済ませたり、中にはお参りをしない人もいるようです。
しかし、七五三を行う元来の目標は、厄払いと将来も健康で過ごせるようにお祈りする事にあるです。
子供がお参りしやすい衣装かどうかも考えて選んであげましょう。
posted by ねんねん152 at 10:09| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。