2012年12月20日

人見しりが原因の対人恐怖症

対人恐怖症である人が人見しりである可能性は低くはないですが、人見しりそのためにといって対人恐怖症であるとは限りません。
一般的には対人恐怖症のほうが状態が重いとされていますが、人見しりが悪化した事が原因で発症してしまう事もあるため、人見しりであると実感している人は注意したほうがいいでしょう。
人見しりはどのような状態の事をいうのかというと、内気で人とうまく話をする事が出来ないといった状態がみられます。
けれど、それほどおもいつめてしまう事はあまりなく、人と話すのが苦手だと感じるものの、日常生活においてそれほど不便さを感じる事はないでしょう。
また、あまりたくさんの人と接した事がない子供のうちは、人見しりになってしまったとしても仕方がないとかんがえられます。
小学校や中学校、高校をとおしてたくさんの人としり合っていく中で、徐々に人見しりが改変されていく人ばかりです。
対人恐怖症という疾患について知ってしまうと、自分もそうなのではないかと不安になってしまう人もいるそうですが、あまりかんがえすぎないようにしましょう。
人見しりは治療をおこなわなくてもナチュラルに改変していく事が少なくないため、かんがえすぎると逆好影響になってしまう事があるといわれています。
一方、対人恐怖症は治療をおこなわなければかなり状態を改変させる事が出来ません。
必ずしも薬を服用する必要は有りませんが、認知療法などを取り入れ、専門家の話をききながら状態を改変させていきましょう。抜け毛に薄毛|お医者さんに相談する男性型脱毛症
posted by ねんねん152 at 15:25| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。