2012年10月16日

統合失調症の状態

統合失調症という言葉は見たり聞いたりした事があっても、状態の事までは全く分からない、漠然としか分からないという人もいる事でしょう。
此処では、どんな状態が起こるのかという事について取り上げていきますので、参考にしてみてください。
まず、統合失調症の状態としては、陽性のものと陰性のものを挙げる事が出来ます。
これだけではどんなものなのか分からないでしょうかねら、順番に見ていきましょう。
まず、統合失調症の陽性状態についてですが、これには幻覚や妄想をはじめとした統合失調症の中でもよくしられている状態がふくまれます。
統合失調症に関する情報を見ききした経験があるという人に話をきくと、大抵はこの陽性状態を挙げます。
次に陰性状態についてですが、これには自閉、いわゆる社会的ひきこもりであるとか、感情の平板化、いわゆる感情鈍麻をはじめとしたあまり目たたない状態がふくまれます。
こうした陰性状態が引き起こされるという事を御存じなかったという人は少なくないのですよ。
ちなみに、ここまで取り上げた状態というのはすべてでは有りませんので、陽性状態と陰性状態には具体的にどんな状態があるのか、確認しておきましょう。
まず陽性状態に関しては、妄想、幻覚、思考障害といった状態を挙げる事が出来ます。
次に陰性状態に関しては、感情の平板化(感情鈍麻)、自閉(社会的ひきこもり)、意欲の欠如、思考の貧困といった状態を挙げる事が出来ます。
posted by ねんねん152 at 10:28| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。