2012年12月20日

人見しりが原因の対人恐怖症

対人恐怖症である人が人見しりである可能性は低くはないですが、人見しりそのためにといって対人恐怖症であるとは限りません。
一般的には対人恐怖症のほうが状態が重いとされていますが、人見しりが悪化した事が原因で発症してしまう事もあるため、人見しりであると実感している人は注意したほうがいいでしょう。
人見しりはどのような状態の事をいうのかというと、内気で人とうまく話をする事が出来ないといった状態がみられます。
けれど、それほどおもいつめてしまう事はあまりなく、人と話すのが苦手だと感じるものの、日常生活においてそれほど不便さを感じる事はないでしょう。
また、あまりたくさんの人と接した事がない子供のうちは、人見しりになってしまったとしても仕方がないとかんがえられます。
小学校や中学校、高校をとおしてたくさんの人としり合っていく中で、徐々に人見しりが改変されていく人ばかりです。
対人恐怖症という疾患について知ってしまうと、自分もそうなのではないかと不安になってしまう人もいるそうですが、あまりかんがえすぎないようにしましょう。
人見しりは治療をおこなわなくてもナチュラルに改変していく事が少なくないため、かんがえすぎると逆好影響になってしまう事があるといわれています。
一方、対人恐怖症は治療をおこなわなければかなり状態を改変させる事が出来ません。
必ずしも薬を服用する必要は有りませんが、認知療法などを取り入れ、専門家の話をききながら状態を改変させていきましょう。抜け毛に薄毛|お医者さんに相談する男性型脱毛症
posted by ねんねん152 at 15:25| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

カラオケでフラストレーション解消

フラストレーション解消には、大声で歌うのがよいといわれます。
カラオケでおもいっきり歌って、フラストレーションを発散させてしまいましょう。
音楽は心を癒す効果があるです。
好きな音楽を聴くと気分が落ち着いたり、楽しい気分になるものです。
また、声を出すとスッキリしますから、カラオケで好きな曲を好きなだけ歌ってフラストレーションを解消させてみてはいかがでしょう。
歌う事には、精神を安らかにし安定させる効果があることが、ここのところの研究で分かってきたようです。
大声をだすのは精神的なフラストレーションを発散させるのに有効とされ、カラオケ健康法と呼ばれているものもあると考えられています。
大声を出すには腹式呼吸が大事になってきますが、大きく息を吸う事で新鮮な空気をよりたくさん取り込めるため、体の滞った血流が変更され、血液循環がよくなるとされます。
大きな声を出す事で体の細胞を活性化するはたらきがあり、カラオケによって健康になることが出来るでしょう。
また、歌詞をイメージしながら歌うと、脳が刺激されます。
そこで、カラオケをするのは意外にも体力を使います。
1曲当たり100mを走るのと同様のくらいの運動量になるとされ、何曲も歌えばダイエットにもやくだつとされます。
体を動かすのと同等のフラストレーション解消効果があるですから、歌うのが好きな方はぜひ行いましょう。
知人や家族といっしょに賑やかに、または1人で歌うヒトカラで空いた時間の有効使用をしてもいいでしょう。
カラオケ屋や自宅など好きなスタイルでカラオケをして、楽しみながらフラストレーション解消しましょう。
posted by ねんねん152 at 12:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

むち打ちの治療法

ほかの傷病と同様に、むち打ちも受傷直後の診察と手当てを適切にうけることが大事です。
交通事故やスポーツ事故に遭った際には、どんなに軽微におもえても、自己判断をせずに必ず医師の診察と診断を受けましょう。
病院では、問診によって事故の状態を確かめ、自覚状態をきき取ります。
本人が冷静さを失っている場合には、事故の目撃者や身近な人の力も借りて、医師に出来るだけ多くの情報を細かく伝えると、その後の治療に大いにやくだちます。
診察では、首の可動範囲と痛みの関係掌握と触診による圧痛点などの確認をします。
痛みや違和感はがまんせずに、医師にしっかり伝えましょう。
検診では、むち打ちによる神経的なダメージをチェックするために、スパーリングテストやジャクソンテストと呼ばれている反射検診や知覚検診などをおこないます。
また、レントゲン検診を基本にして、状態に応じてMRIやCTスキャンなどもおこないます。
治療は、検診・検診結果に基づいてむち打ちのカテゴリーを判定し、それぞれに効き目的な方法が選択され、急性期、亜急性期、慢性期の各期での順調な回復を目さします。
事故直後には、安静が最も大事な治療となってきます。
けっして無理をせずに、きちんとした安静状態を守りましょう。
事故による外傷治療は病院が最適となってきますが、その後のむち打ち状態の治療には、いくつかの選択肢があるといわれています。
接骨院での治療に切り替える、病院治療と鍼灸治療を組み合わせる、カイロプラクティック両方を取り入れるなど、自身の症状に合わせて選ぶとよいでしょう。
ちなみに、いずれの治療法でも、病院での検診は継続して定期的に受けましょう。
posted by ねんねん152 at 10:18| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。